理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容

理学療法士になるには

理学療法士に興味をもったらまず思いつくのがどうすればなれるのかではないでしょうか。学校に何年通うのか、学費はいくら位なのかも気になります。安易に学校を選択して合わなかったとならないようにするにはどう行動すればいいのか考えないといけません。 ここでは理学療法士の大まかな仕事内容と受験資格を得るために何をすべきかについてふれていきます。

理学療法士は何かしらの理由で体に障害がある人、障害の起きる可能性がある人に対し、能力の回復、障害が悪化しないよう運動療法や物理療法による治療や支援を行うのが仕事です。病院、クリニック、介護福祉施設などが主な職場となります。どんな職場で働きたいのかが分かると学校を選ぶのは難しくないでしょう。学校によってカリキュラム、就職先に特色があるので授業内容や就職先は必ずチェックしてください。

理学療法士の養成校は4年制大学、短大(3年制)専門学校(3.4年制)特別支援学校 などがあり、作業療法士の資格取得者は2年学校に通うと理学療法士の受験資格が得られます。

理学療法士の国立の養成校は250万、私立は350~700万が相場で、国立は学費は安いが倍率が高く、私立は4年制大学と学費は変わりませんが国立ほど倍率は高くありません。学費は学校で違うため受験する学校の学費は必ず調べましょう。