理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容

良い面悪い面と適性

職業を選択する際に重要視するポイントの一つが「自分はその仕事に向いているのか」ではないでしょうか。理学療法士は体にケガや障害がある人をサポートする仕事なので特に適性の向き、不向きがある仕事、性格だけでなく肉体的な資質も求められます。進路選択で失敗しないためにも自分に理学療法士としての適性があるのかどうか知っておきましょう。

理学療法士の良い面はリハビリにより回復する患者さんの姿にやりがいを感じられる、夜勤が少ない、就職に困らないなどがあげられます。悪い面は養成校の学費が高い、給料は平均年収400万とあまり高くないなどでしょうか。

理学療法士は同じ障害、症状でもリハビリ方法が同じではないのでその人に合った方法を見つけられる判断力と人を思いやれる心が必須条件です。リハビリ対象者の体を動かすため理学療法士の仕事を続けるためには体力は必要不可欠なので、日頃から運動する習慣をつけるようにしましょう。

職場の仲間や対象者の方と効率よくリハビリを進めるためにもコミュニケーション力が求められます。自信が無い人は接客業のバイトなど多くの人と話す機会を持つようにしてスキルを積む努力をしてみましょう。向き、不向きはどんな仕事でもあります。努力で改善できる場合は足りない部分を補うようにしてください。